TCP/IPに関する調査研究
初心者の為のTCP/IP入門
--IPアドレスやサブネットマスクなどTCP/IPの基本的な仕組みについて解説します、--
 

OSI参照モデル | ルーター(router) | ゲートウェイ(gateway) | パケット交換/packet | Macアドレスとは | IPアドレスとは | IPアドレスとクラス | IPアドレスとクラスAネットワーク | IPアドレスとクラスBネットワーク | IPアドレスとクラスCネットワーク | IPアドレスとブロードキャストアドレス | IPアドレスとサブネットマスク | IPアドレスとプライベートアドレス | IPアドレスとポート番号 | IPアドレスとMACアドレス | ポート番号の種類 | NAT(Network Address Translation) | ARP(Addresss Resolution Protocol) | IPマスカレード(IP Masquerade) | DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)とは | ルーティングとは | 静的ルーティングと動的ルーティング | IPアドレスとホスト名 | ドメイン(domain) | DNS(Domain Name System:ドメインネームシステム) | DNSの問い合わせ方法 | DNSレコード(DNS record) | gTLD(generic Top Level Domain) | ccTLD(country code Top Level Domain) | resolver(リゾルバ、レゾルバ) | URL(Uniform Resource Locator) | HTTP(HyperText Transfer Protocol) | 電子メールの仕組み | SMTP(Simple Mail Transfer Protocol) | POP(Post Office Protocol) |

 
●トップページ
 
●研究員紹介
●研究所規則
●著作権・免責・リンク
●掲示板
●アクセス解析
●お問い合わせ
●更新情報
 
仕事関連

▼お仕事のご依頼

執筆、取材、講演のお問い合わせはこちらからお願いします。

▼広告のご依頼

MM-Labo.com内への広告のご希望はこちらからお願いします。

サーチ


サイト内を検索
WWW全体を検索

Powered By Google

 


IPアドレスとMACアドレス(Media Access Control Address)

 コンピュータを識別するためのアドレスとして、IPアドレスが存在します。

 各コンピュータが、それぞれIPアドレスによって区別されていれば、MACアドレスなどというものは必要ないように思えます。

 では、MACアドレスは何のためにあるのでしょうか?

 それは、ネットワークとネットワークの間にルーターがあることから来ています。

 例えば、今、あるデータをホストAからホストBに向けて送信する以下のような場合を考えてみます。

MACアドレスとIPアドレス

 上記の例では、あるネットワークにあるホストAから別のネットワークにあるホストBへとデータの送信を行おうとしています。

  しかし、実際には上記のネットワーク構成から見て、ホストBにデータを送信するためには、ルーターであるルーターbを経由する必要があります。

 そのため、ホストAとホストBは、ネットワーク上を直接に通信することは出来ません。

 そこで、まず、ホストAから送信されたデータはルーターbに送られる必要があります。

  しかし、IPアドレスだけ見た場合、ルーターbへのデータは、自分が処理すべきデータかどうかを理解することが出来ません。

 送られてきたデータは自分のIPアドレスと異なるのでルーターは自分宛てのデータだと思わずに受け取らなくなってしまいます。

 そこで、送られてきたデータが、自分が処理すべきデータなのかをルーターはパケットに書かれたMACアドレスを見て判断するのです。

 そして、ルーターは転送の際、ルーティングテーブルに従い、転送すべきパケットのヘッダを次のルーターのMACアドレスに書き換えます。

 その様子を示したものが下記の図になります。

MACアドレスの書き換えの様子

 上記のように、各ルーターは、自分の所に届いたパケットに記述されたMACアドレスのあて先を次に送るべきルーターのMACアドレスに、送信元を自分のMACアドレスに書き換えてデータを転送します。

 これを各ルーターが繰り返し指定していくことでデータは相手先に届けられることになるのです。

 それでは、逆にMACアドレスだけがわかっていて、それがブロードキャストされる場合はどうでしょうか。

 その場合、ブロードキャストされたパケットはルーターbだけでなく、ルーターaにも受け取られてしまいます。

 ルーターaは受け取ったデータを、正しいあて先であるルーターbにも送信してしまうことになり、本来一つだったパケットが二つに増えてしまいます。

 このような事が起こらないようにルーターはMACアドレスがブロードキャストになっているようなパケットを転送してはならないことになっています。

 以上のようにルーターは、IPアドレスではなく、MACアドレスを見ることで、自分宛てのデータであることをきちんと確認することができるのです。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
Amazonは本のオンライン販売で世界的に有名なオンラインショップです。

現在では、書籍だけでなく、CD、DVD、ビデオ、ソフトウェア、TVゲームなども販売しています。

 


■トップページ ■研究員紹介 ■MM総合研究所規則 ■ 著作権・免責・リンクについて ■アクセス解析 ■お問い合わせ


Valid HTML 4.01!  Valid CSS!  MM-labo

Copyright(C) 2002 - Mitsuharu Matsumoto All rights reserved.