TCP/IPに関する調査研究
初心者の為のTCP/IP入門
--IPアドレスやサブネットマスクなどTCP/IPの基本的な仕組みについて解説します、--
 

OSI参照モデル | ルーター(router) | ゲートウェイ(gateway) | パケット交換/packet | Macアドレスとは | IPアドレスとは | IPアドレスとクラス | IPアドレスとクラスAネットワーク | IPアドレスとクラスBネットワーク | IPアドレスとクラスCネットワーク | IPアドレスとブロードキャストアドレス | IPアドレスとサブネットマスク | IPアドレスとプライベートアドレス | IPアドレスとポート番号 | IPアドレスとMACアドレス | ポート番号の種類 | NAT(Network Address Translation) | ARP(Addresss Resolution Protocol) | IPマスカレード(IP Masquerade) | DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)とは | ルーティングとは | 静的ルーティングと動的ルーティング | IPアドレスとホスト名 | ドメイン(domain) | DNS(Domain Name System:ドメインネームシステム) | DNSの問い合わせ方法 | DNSレコード(DNS record) | gTLD(generic Top Level Domain) | ccTLD(country code Top Level Domain) | resolver(リゾルバ、レゾルバ) | URL(Uniform Resource Locator) | HTTP(HyperText Transfer Protocol) | 電子メールの仕組み | SMTP(Simple Mail Transfer Protocol) | POP(Post Office Protocol) |

 
●トップページ
 
●研究員紹介
●研究所規則
●著作権・免責・リンク
●掲示板
●アクセス解析
●お問い合わせ
●更新情報
 
仕事関連

▼お仕事のご依頼

執筆、取材、講演のお問い合わせはこちらからお願いします。

▼広告のご依頼

MM-Labo.com内への広告のご希望はこちらからお願いします。

サーチ


サイト内を検索
WWW全体を検索

Powered By Google

 


NAT(Network Address Translation)

 NATとは、Network Address Translation(或いは、Network Address Translator)の略語であり、ローカルなIPアドレスを持っているコンピュータが、インターネットを見られるようにするために考え出された技術です。

 現在用いられているIPアドレスは正式には、IPバージョン4といいますが、32ビットの割り当てしかないこのIPアドレスは、現在、枯渇し始めています。そのため、現在、世界中のコンピュータにこのアドレスを割り当てることは不可能になっています。

 NAT機能はこの問題を少しでも解決するために考え出された技術です。

 現在、ネットワークに接続しているコンピュータが非常に多くなったとはいえ、ローカルにある全てのコンピュータが、常に外部ネットワークを見ているわけではありません。

 そこで、あるネットワーク組織にあるコンピュータにはプライベートアドレスを割り当てておき、外部への接続が必要なときだけ、接続することでIPアドレスの節約が図れます。

 この機能を実現したのがNAT機能です。具体的にはNAT機能によって、ローカルネットワークからのパケットヘッダに記述された送信元IPアドレスはグローバルアドレスに書き換えられ、外部への接続が実現されます。

 NAT機能

 また、NAT機能では、内部から外部への接続は出来ても、外部から内部への接続は出来ないという大きな特徴を持っています。このため、NAT機能をうまく用いることで内部ネットワークと外部ネットワークを切り離し、セキュリティを確保することが可能です。 

 しかし、NAT機能では、送られてきたパケットのうち、特にIPアドレスの部分の変換しか行わないため、プライベートアドレスとグローバルアドレスの対応は常に1対1でなければならないという欠点があります。

 この問題を解決するために、現在では、NAT技術を発展させたIPマスカレードという技術がよく用いられます。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
Amazonは本のオンライン販売で世界的に有名なオンラインショップです。

現在では、書籍だけでなく、CD、DVD、ビデオ、ソフトウェア、TVゲームなども販売しています。

 


■トップページ ■研究員紹介 ■MM総合研究所規則 ■ 著作権・免責・リンクについて ■アクセス解析 ■お問い合わせ


Valid HTML 4.01!  Valid CSS!  MM-labo

Copyright(C) 2002 - Mitsuharu Matsumoto All rights reserved.