TCP/IPに関する調査研究
初心者の為のTCP/IP入門
--IPアドレスやサブネットマスクなどTCP/IPの基本的な仕組みについて解説します、--
 

OSI参照モデル | ルーター(router) | ゲートウェイ(gateway) | パケット交換/packet | Macアドレスとは | IPアドレスとは | IPアドレスとクラス | IPアドレスとクラスAネットワーク | IPアドレスとクラスBネットワーク | IPアドレスとクラスCネットワーク | IPアドレスとブロードキャストアドレス | IPアドレスとサブネットマスク | IPアドレスとプライベートアドレス | IPアドレスとポート番号 | IPアドレスとMACアドレス | ポート番号の種類 | NAT(Network Address Translation) | ARP(Addresss Resolution Protocol) | IPマスカレード(IP Masquerade) | DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)とは | ルーティングとは | 静的ルーティングと動的ルーティング | IPアドレスとホスト名 | ドメイン(domain) | DNS(Domain Name System:ドメインネームシステム) | DNSの問い合わせ方法 | DNSレコード(DNS record) | gTLD(generic Top Level Domain) | ccTLD(country code Top Level Domain) | resolver(リゾルバ、レゾルバ) | URL(Uniform Resource Locator) | HTTP(HyperText Transfer Protocol) | 電子メールの仕組み | SMTP(Simple Mail Transfer Protocol) | POP(Post Office Protocol) |

 
●トップページ
 
●研究員紹介
●研究所規則
●著作権・免責・リンク
●掲示板
●アクセス解析
●お問い合わせ
●更新情報
 
仕事関連

▼お仕事のご依頼

執筆、取材、講演のお問い合わせはこちらからお願いします。

▼広告のご依頼

MM-Labo.com内への広告のご希望はこちらからお願いします。

サーチ


サイト内を検索
WWW全体を検索

Powered By Google

 


電子メールの仕組み

 ここでは、電子メールシステムの基本的な仕組みについて説明します。

 電子メールシステムとは、郵便と同様に文書に宛名(いわゆる電子メールアドレス)を指定することで、相手にその文書を送信することができるようなシステムのことです。ここで送受信される文書のことを一般に電子メール(e-mail)といいます。簡単に言えば、電子メールとは電子版の郵便のことです。

 メールシステムの送受信の仕組みは、実際の郵便と対応付けて理解するとわかりやすいと思います。

 それは電子メールという名前から郵便と関連付けやすいというだけではなくて、メールシステム自体、実際にある郵便のシステムにとてもよく似たシステムだからです。(詳しく言うと郵便のうちでも私書箱の仕組みにとてもよく似ています。)

 メールシステムは、メールを送受信してくれるメールサーバの存在によって実現します。

 メールサーバとは郵便でいうところの郵便局にあたります。

 メールサーバが受け持つ役割は大きく分けて以下の三つです。

1.メールを受け取って私書箱にためておくこと
2.出されたメールをあて先であるメールサーバに送り出すこと
3.私書箱に受けたメールをユーザに配送すること

以上です。

メールサーバは、SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)サーバと呼ばれるサーバとPOP(Post Office Protocol)サーバと呼ばれるサーバの2つのサーバから成り立っています。

上記1〜3のうち、1、2についてはSMTPサーバ(Simple Mail Transfer Protocol)が、3についてはPOP(Post Office Protocol)と呼ばれるサーバがそれぞれその役割を担います。

つまり、実際にはメールサーバと呼ばれるサーバは存在せず、SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)サーバと呼ばれるサーバとPOP(Post Office Protocol)サーバによる組み合わせによって電子メールシステムは実現されているのです。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
Amazonは本のオンライン販売で世界的に有名なオンラインショップです。

現在では、書籍だけでなく、CD、DVD、ビデオ、ソフトウェア、TVゲームなども販売しています。

 


■トップページ ■研究員紹介 ■MM総合研究所規則 ■ 著作権・免責・リンクについて ■アクセス解析 ■お問い合わせ


Valid HTML 4.01!  Valid CSS!  MM-labo

Copyright(C) 2002 - Mitsuharu Matsumoto All rights reserved.