心に残る人生の言葉 名言集

■ 心に残る人生の名言 - 偉人の名言とその出典 - ■
Welcome to MM-Labo.com / Mitsuharu Matsumoto Laboratory
 
その他の名言については心に残る人生の名言 - 偉人の名言とその出典 -をご覧下さい。
 
●トップページ
 
●研究員紹介
●研究所規則
●著作権・免責・リンク
●掲示板
●アクセス解析
●お問い合わせ
●更新情報
 
仕事関連

▼お仕事のご依頼

執筆、取材、講演のお問い合わせはこちらからお願いします。

▼広告のご依頼

MM-Labo.com内への広告のご希望はこちらからお願いします。

サーチ


サイト内を検索
WWW全体を検索

Powered By Google

 


無理をする必要はないが生きている意義について自身に問いかけることから回避してはならない

【菅谷昭】

菅谷昭

Sugenoya Akira

(1943-)

信州大学医学部助教授を退官して、1996年より5年半、ベラルーシ共和国に滞在。チェルノブイリ原発事故の被災地への医療支援活動を続ける。この活動により、医療功労賞、吉川英治文化賞、フランシスコスカリナー賞を受賞。著書に「チェルノブイリいのちの記録」、「ぼくとチェルノブイリのこどもたちの5年間」、「チェルノブイリ診療記」などがある。

出典 参考文献

チェルノブイリいのちの記録

 

チェルノブイリいのちの記録 チェルノブイリいのちの記録 書評

↑ご購入は、こちらからどうぞ。

内容(「BOOK」データベースより)
チェルノブイリ原発事故が近隣国ベラルーシの子どもたちにもたらした甲状腺ガンという大きな悲劇。菅谷昭医師は放射能に汚染された被災地で5年半にわたり医療支援をつづけた。高汚染地にある病院での手術。現地若手医師の育成。集団検診。家庭訪問。また、食料事情や治安問題。厳しい気候。楽しくもつらいロシア式宴会。さらには、子ども民族舞踊団との交流まで…。現地へ発つ日より帰国までの活動をつぶさに記録した「チェルノブイリの真実」。自分のため、社会のために考え、実践したひとりの日本人医師の「いのちの日記」。

内容(「MARC」データベースより)
世界中を震撼させたチェルノブイリ原発事故は、近隣国ベラルーシの子どもたちに甲状腺がんという被害をもたらした。放射能に汚染された被災地で、手術、現地若手医師の育成、集団健診、家庭訪問などを行った著者の活動記録。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

 

Amazonは本のオンライン販売で世界的に有名なオンラインショップです。

現在では、書籍だけでなく、CD、DVD、ビデオ、ソフトウェア、TVゲームなども販売しています。

心に残る人生の名言 - 偉人の名言とその出典 僕はこんな本を読んできた。書評と引用

■トップページ ■研究員紹介 ■MM総合研究所規則 ■ 著作権・免責・リンクについて ■アクセス解析 ■お問い合わせ


Valid HTML 4.01!  Valid CSS! MM-labo

Copyright(C) 2002 - Mitsuharu Matsumoto All rights reserved.