心に残る人生の言葉 名言集

■ 心に残る人生の名言 - 偉人の名言とその出典 - ■
Welcome to MM-Labo.com / Mitsuharu Matsumoto Laboratory
 
その他の名言については心に残る人生の名言 - 偉人の名言とその出典 -をご覧下さい。
 
●トップページ
 
●研究員紹介
●研究所規則
●著作権・免責・リンク
●掲示板
●アクセス解析
●お問い合わせ
●更新情報
 
仕事関連

▼お仕事のご依頼

執筆、取材、講演のお問い合わせはこちらからお願いします。

▼広告のご依頼

MM-Labo.com内への広告のご希望はこちらからお願いします。

サーチ


サイト内を検索
WWW全体を検索

Powered By Google

 


一人でいる限り、人は己自身であることができない。

一人でいる限り、人は己自身であることができない

モラリストの馬鹿どもは愛することは自分を忘れることだなどという

これはあまりに単純な見方だ

人は自分から抜け出すほど一層自分となる

また一層よく自分の生きていることを感ずる

薪を穴倉の中でくさらせてしまってはならぬ

【アラン】

アラン

(1868-1951)

フランスの哲学者。アンリ4世高校の哲学教師でもあった。新聞に「プロポ」と名づけられた彼独特の短いエッセー連載を始める。幸福論は、そのうち、幸福に関するプロポを集めてまとめたもの。「幸福論」等の著作がある。

出典 参考文献

幸福論、人生を励ます言葉

 

人生を励ます言葉

↑ご購入は、こちらからどうぞ。

出版社/著者からの内容紹介 挫折や惑いのなかで出会った一行の文章が、君を励まし、勇気づける。深い思索と体験が生んだ珠玉の言葉を選りすぐり、君に贈るアンソロジー。

心に染みる言葉――一度知ったら二度と自分を離れなくなる、いくつかの言葉の組合せというものがあるものだ。それはなにも、いわゆる名句・名言といったものとは限らない。友人があるときに言ったなんでもない言葉が君の中に突き刺さって、以後なにかの折に思いだされ、君の行動を律することもあろう。ある小説のなかで(従ってあるシテュエーションのなかで)言われている言葉の一つが、似たような状況に君が立たされた場合に、指導原理のように働くこともあるだろう。一冊の厚い本、しかもそれは名著といわれ、君も熱中した本であっても、その全部が全部に感心するということはめったにない。そのなかで本当に君のいわば急所に触れた言葉、そっくりそのまま覚えてしまって、以後なにかの折に口にする言葉は、大抵は一行か二行の短いものであるだろうとおもう。――本書より

幸福論

↑ご購入は、こちらからどうぞ。

出版社/著者からの内容紹介 デカルトやスピノザの情念論・感情論をふまえて「幸福とは何か」を追究したアラン畢生の名著。抽象的な思考に終始せず、「神経衰弱」「微笑」「あくびの仕方」「心づかい」など、身近で具体的な場面に問題を展開した知恵の書でもある。その洞察は懐深く新鮮で、切実な意味をもってわれわれに迫る。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

 

Amazonは本のオンライン販売で世界的に有名なオンラインショップです。

現在では、書籍だけでなく、CD、DVD、ビデオ、ソフトウェア、TVゲームなども販売しています。

心に残る人生の名言 - 偉人の名言とその出典 僕はこんな本を読んできた。書評と引用

■トップページ ■研究員紹介 ■MM総合研究所規則 ■ 著作権・免責・リンクについて ■アクセス解析 ■お問い合わせ


Valid HTML 4.01!  Valid CSS! MM-labo

Copyright(C) 2002 - Mitsuharu Matsumoto All rights reserved.